感動創造 感動創造

感動創造 当社に関わる全ての人へ、感動を創り出せ

レナード

脱毛サロンを開業するなら個人経営?フランチャイズ?メリットデメリットを解説!

2021年2月26日
脱毛サロンを開業するなら個人経営?フランチャイズ?メリットデメリットを解説!

脱毛サロンを開業する場合、主に2つの方法が存在します。
個人経営で開業するか、業務用脱毛機メーカーや大手脱毛サロンのフランチャイズで開業するかです。
今回は、個人経営とフランチャイズで開業する場合のそれぞれのメリットとデメリットについてご説明します。
どちらの方が成功しやすいということはなく、どちらで開業した場合でも成功するためには自分自身の努力が不可欠になりますので、自分にあった開業方法を検討してみてください。

個人経営のメリット

まずは、個人経営のメリットについてご説明します。
個人で脱毛サロンを開業する場合のメリットは以下の2つです。

  • 自由度が高い
  • 収益が全て自分の報酬になる

自由度が高い

個人経営の場合は、サロンの名前やコンセプト、施術のメニュー作りなども自分の好きなようにすることが可能です。
また、どんな物件でやるのかどの業務用脱毛機を使用するのか、物件の内装やその他の設備なども自由に選べるため、少ない資金で開業することができるのもメリットのひとつです。
自分の理想のお店作りをするのであれば個人経営での開業が向いているでしょう。

収益が全て自分の報酬になる

フランチャイズの場合は毎月ロイヤリティを本部へ支払う必要がありますが、個人経営の場合はありません。
回転率を上げ、経費を抑えられれば抑えられるほど利益率があがり、フランチャイズ経営をするよりも多くの収益を上げられる可能性があります。

PR最新式業務用脱毛機BYMACH(バイマッハ)を問い合わせる

個人経営のデメリット

続いて、個人経営のデメリットは以下の2つです。

  • 開業準備や資金調達が大変
  • 経営ノウハウが必要

開業準備や資金調達が大変

先程メリットのところで「個人経営は少ない資金で開業することが可能」とお伝えをしましたが、そうはいっても資金調達は重要になってきます。
一般的に開業資金は最低でも約200万円は必要とされているだけでなく、開業した後は経営が安定するまではある程度の運転資金を確保する必要もあります。
また、個人経営で開業する場合は物件や業務用脱毛機の選定、メニューや集客方法の検討などをひとりで行わなければなりません。
ただ、業務用脱毛機を販売しているメーカーによっては開業支援などを行っている場合もありますのでマシンを探す時に聞いてみると良いでしょう。

脱毛サロン開業までの流れはこちらの記事で詳しくお話しておりますので、よろしければそちらもご覧ください。

関連記事:脱毛サロンの開業準備に必要なものは?開業までの流れを詳しく解説!

経営ノウハウが必要

個人経営の場合は開業してからが大事です。
フランチャイズのサロンに比べて知名度がない為、多くのサロンが集客に苦労します。
また、集客方法だけではなく売り上げを上げる経営ノウハウやスタッフの教育方法などもフランチャイズのように決まったパッケージがあるわけではないので、脱毛サロンを経営していくための経営ノウハウを自ら学び、身に着けていく必要が出てきます。
ただ、こちらについても業務用脱毛機を販売しているメーカーによっては購入後の経営サポートなどを行っている場合もありますので、マシンを探す時に聞いてみると良いでしょう。

フランチャイズのメリット

さて、これまで個人経営のメリットとデメリットをお伝えしてきましたが、次はフランチャイズ経営のメリットについてご説明します。
まずフランチャイズで脱毛サロンを開業する場合のメリットは以下の2つです。

  • 開業のハードルが低い
  • 経営初心者でも安心して始められる

開業のハードルが低い

フランチャイズの場合は本部と同じ屋号で脱毛サロンを開業できるだけでなく、出店場所や物件、備品や機材など開業に向けて必要なものや開業までの流れなども決まっておりサポートをしてもらえるので、スムーズに準備を進めることができます。
個人で開業するとなると一人ですべての準備をしなければならないため、個人経営よりは気軽にスタートできるでしょう。
(※各社により異なりますので詳しくは各企業へお問い合わせください)

経営初心者でも安心して始められる

フランチャイズとは、フランチャイズ本部からお店の屋号やサービス・商品などを権利を得てビジネスを行うため未経験の方でも成果が出る様にパッケージ化されているのが特徴です。
本部と同じ屋号を使用できるため知名度がある状態でサロンをオープンできますし、経営ノウハウや集客ノウハウ、研修や教育のカリキュラムなども本部からサポートを受けることができます。
本部で成果が出ている仕組みをそのまま利用することができるため個人経営よりも失敗するリスクが少なく、経営初心者でも安心して始められるのが魅力のひとつです。

PR最新式業務用脱毛機BYMACH(バイマッハ)を問い合わせる

フランチャイズのデメリット

続いて、フランチャイズ経営のデメリットは以下の2つです。

  • 加盟料やロイヤリティがかかる
  • 自由度が低い

加盟料やロイヤリティがかかる

フランチャイズの多くの場合が、開業する際にまず加盟料がかかります。
その為、開業をする際にはある程度まとまった資金が必要になってきます。
また、毎月のロイヤリティの支払いが発生します。
ロイヤリティは定額固定制のものと毎月の売上によって変動するものがありますが、利益が思うように上がらなかった場合でもロイヤリティの支払いが発生するため経営を圧迫してしまう可能性があります。
(※本部によっては赤字補填制度がある場合もありますので、詳しくは各企業へお問い合わせください)

自由度が低い

フランチャイズとしての場合は屋号だけでなく脱毛サロンのコンセプトや価格帯、メニューや店舗の内装などもブランドイメージから逸脱しないように決められているため、自分の理想の脱毛サロンを経営したい方にとっては物足りなく感じてしまうかもしれません。
また、経営手法なども本部に従って行わなければならないため、早くから収益化が見込めるかわりに自分の好きにできる範囲は狭くなってしまいます。

まとめ

さて、今回は脱毛サロンを個人経営とフランチャイズで開業する場合のそれぞれのメリットとデメリットをご説明しました。
これらをまとめると、

  • 個人経営はコンセプトから内装まで自分の理想の脱毛サロンを少ない資金から始めることができ頑張れば頑張るだけ収益も増えできるが、経営ノウハウを自ら身に着けて運営していかなければならない
  • フランチャイズは既に成功している脱毛サロンのコンセプト・サービス・経営手法などパッケージ化されているものを利用できるので経営初心者でも開業しやすいが、手数料などを本部に支払いつづけなければならない

ということになります。
はじめにもお伝えしておりますが、どちらの方が成功しやすいということはなく、どちらで開業した場合でも成功するためには自分自身の努力が不可欠になります。
ぜひ自分にあった開業方法を見つけてみてください。

また、弊社の業務用脱毛機は、導入していただくだけで開業支援サポートやオープン後のアフター経営サポートが無料でついてきます。
まずはご相談だけでも承っておりますので、開業をご検討されている方はぜひお問い合わせくださいませ。

関連商品:マシンを買うだけで経営サポートが無料でついてくる!業務用脱毛機 BYMACH(バイマッハ)のお問い合わせはこちらから

  • バイマッハ
  • マグニート
  • 勝ち組セミナー
  • 採用情報
  • 採用情報
  • メディア掲載情報
  • お役立ちコラム
pagetop