アレキサンドライトレーザーの効果や特徴を解説!導入しているクリニックを紹介

アレキサンドライトレーザーの効果や特徴を解説

脱毛クリニックの公式サイトを見ると、アレキサンドライトレーザーを搭載した脱毛機をよく目にして、効果が気になっている人も多いのではないでしょうか。

日本人の肌質と毛質に適したレーザーだと言われていますが、日本だけでなく、世界的にも使用数が多いレーザーです。

アレキサンドライトレーザーの効果について、結論から言うと「毛が濃い部位の脱毛」に向いていることが言えます。

理由としては、アレキサンドライトレーザーは濃い毛の色素に反応する性質を持っているからです。

今回はそんなアレキサンドライトレーザーの効果や特徴に関して詳しく解説します。

アレキサンドライトレーザーを導入しているクリニックやメリットデメリットも紹介するため、今後脱毛をする時の参考にしてください。

特徴を理解して、納得のいく脱毛を初めましょう。

アレキサンドライトレーザーとは米国で永久脱毛の認可を受けたレーザー

アレキサンドライトレーザーは、日本の厚生労働省に似た働きをする「アメリカ食品医薬品局(FDA※)」で永久脱毛の認可を受けたレーザーです。
※食品や化粧品といったものを取り締まるアメリカの政府機関のこと。

アレキサンドライトレーザーの特徴
  • 世界で最も多く使われているレーザー
  • 日本に初めて導入されたレーザー脱毛機に搭載されていた
  • 日本で初めて厚生労働省に認可された
  • 濃い毛に効果的にアプローチが可能

アレキサンドライトレーザーで脱毛ができる仕組みは、レーザーの性質が関係しています。

アレキサンドライトレーザーは色素への吸収が高く、毛の色素に反応して熱を発生させ毛根を破壊します。

その他にはシミ取りとして使われるレーザーも、アレキサンドライトレーザーが使われています。

アレキサンドライトレーザーは毛が濃い部位の脱毛に向いている

アレキサンドライトレーザーは色素に反応するレーザーのため、濃い毛の脱毛には向いています。

しかし毛の色素だけでなく、肌の色素に反応するため、脱毛ができない部位があります。

そのため脱毛を始める場合は、脱毛可能な部位とできない部位を必ずチェックしてクリニックを選びましょう。

脱毛できる部位 ・ワキや足といった色素のある毛
・脱毛に向いていない部位
できない部位 ・顔や背中といった産毛が多い部位
・色素沈着がある部位(IOラインなど)
・男性のヒゲ

脱毛に向いていない部位は色素の薄い毛が多い部位や、色素に反応しすぎて火傷してしまう可能性があるIOライン・男性のヒゲといった部位です。

その他にも色黒や褐色肌の人・ニキビ跡が濃い人も脱毛できない可能性があります。

脱毛の可否は自分でチェックすることができないため、心配な場合はカウンセリングの時に相談しましょう。

アレキサンドライトレーザーを搭載した脱毛機

アレキサンドライトレーザーを搭載した脱毛機は、一つの波長のみ照射できる単発レーザーと、2波長や3波長をブレンドできる複合タイプがあります。

搭載レーザー 機種
単発
(アレキサンドライトレーザーのみ)
・ジェントルレーズ
・ジェントルレーズプロ
など
2波長ブレンド
(アレキサンドライトレーザー+ヤグレーザー)
・ソプラノアイスプラチナム
・ソプラノチタニウム
など
3波長ブレンド
(アレキサンドライトレーザー+ヤグレーザー+ダイオードレーザー)
・ジェントルマックス
・ジェントルマックスプロ
・スプレンダーX
など

アレキサンドライトレーザーの中でも実績が多いのは、ジェントルレーズプロです。

また日本で初めて厚生労働省の薬事承認を取得した脱毛機もジェントルレーズプロです。

そして複数のレーザーを照射できる脱毛機であれば、単発レーザーでは脱毛ができなかった男性のヒゲやVIO・色素の薄い産毛にも施術ができます。

一度に産毛から剛毛まで脱毛したいという場合は、脱毛したい部位に応じて2~3波長を同時に照射できる脱毛機がおすすめです。

アレキサンドライトレーザーを導入しているクリニック

アレキサンドライトレーザーは日本でのシェアが多いため、導入している店舗も多いです。

今回は複数ある店舗の中から、アレキサンドライトレーザーを導入している医療脱毛おすすめのクリニックを2院紹介します。

クリニック名 全身脱毛5回 脱毛機 麻酔代 シェービング代
レジーナクリニック 149,800円~
(VIO含む6回)
※60分コース
・ジェントルレーズプロ(アレキサンドライトレーザー)
・他、蓄熱式ダイオードレーザー2種類
無料 無料
アリシアクリニック 169,800円~
(8回プラン)
・ソプラノチタニウム(3波長)
・スプレンダーエックス(2波長)
・ダイオードレーザー
3,300円 えりあし・背中・腰・Oラインのみ無料

脱毛料金や導入している脱毛機・サービスといった項目を基準に、比較をし選定しました。

まだどのクリニックで脱毛をするか決まっていないという人は、お店選びの参考にしてください。

レジーナクリニックはジェントルレーズプロを導入

レジーナクリニックのバナー

おすすめポイント
  • 3種類の脱毛機で産毛から濃い毛まで脱毛が可能
  • 麻酔やシェービングなどの追加料金が不要
  • 駅近の立地で平日21時まで営業
[/pros-cons-box]
全身脱毛6回 スピードプラン全身+VIO 総額:149,800円
(月々2,400円~)
脱毛機 ・ジェントルレーズプロ(アレキサンドライトレーザー)
・ソプラノアイスプラチナム(蓄熱式ダイオードレーザー)
・ソプラノプラチナム(蓄熱式ダイオードレーザー)
麻酔代 麻酔クリーム無料
シェービング代 剃り残しなら無料
通える頻度 最短2ヶ月に1度
施術時間 約30~90分
キャンセル料 2営業日前の20時まで無料(以降1回分消化)
予約方法 電話・店頭
※初回予約のみWEB可
営業時間 月~金:12:00~21:00
土日祝:11:00~20:00
店舗数 22院(全国主要都市)

※一部の院では蓄熱式の脱毛機は導入していません。

レジーナクリニックはアレキサンドライトレーザーのジェントルレーズプロを導入しています。

濃く太い毛を集中的に脱毛したい人にとって最適なレーザーでの脱毛が可能です。

また一部の店舗では痛みを感じにくい蓄熱式の脱毛機も導入しており、施術部位や肌質に合わせて使い分けています。

全身脱毛6回のスピードプランの総額は149,800円で、60回払いのローン契約であれば月々2,400円から通えます。

レジーナクリニックでは麻酔代や剃り残しによるシェービング代が不要で、脱毛以外の追加料金がかからないことも特徴です。

アレキサンドライトレーザーは部位によっては痛みを感じやすいレーザーなので、麻酔が追加代金なしで使える点は魅力的です。

照射時、肌がどんなふうに感じるのか気になる人は、事前に希望を伝えれば無料でテスト照射も受けられるため、一度カウンセリングで相談してみてください。

\全身脱毛が月々2,400円から/

レジーナクリニックの
無料カウンセリングへ

アリシアクリニックは複数の波長を同時照射可能

アリシアクリニックバナー

おすすめポイント
  • 複数の波長を同時照射可能で効率よく脱毛できる
  • 最大4回分の予約が取れる
全身医療脱毛プラン
全身脱毛7回
169,800円
(月々2,500円)
脱毛機 ・ソプラノチタニウム(3波長)
・スプレンダーエックス(アレキサンドライトレーザー・ヤグレーザー)
・ライトシェアデュエット(ダイオードレーザー)
麻酔代 麻酔クリーム1部位3,300円
シェービング代 えりあし・背中・腰・Oラインは剃り残し無料
※上記以外のシェービングは予約制で1回4,000円
通える頻度 最短1ヶ月に1度
施術時間 最短約30分※全身脱毛+VIOの場合
キャンセル料 当日キャンセル無料
予約方法 WEB・電話・店頭
営業時間 11:00~20:00
店舗数 24院

アリシアクリニックではアレキサンドライトレーザーと、他のレーザーを同時照射できる複合タイプの脱毛機を2種類導入しています。

剛毛の脱毛が得意なアレキサンドライトレーザーと、産毛にアプローチできるダイオードレーザーとのミックス照射ができるため、剛毛から産毛まで効率的に脱毛を進めたい人におすすめのクリニックです。

アリシアクリニックでは初回契約時に、最大4回分の予約がまとめて確保できるため、予約が取れず思うように通えないといったストレスが少なく済む点も魅力です。

希望があれば、カウンセリング当日に契約から1回目の施術まで受けられるため、早く脱毛を始めたいという人におすすめのクリニックです。

\全身脱毛8回が月々2,500円から始められる/

アリシアクリニックの
無料カウンセリングへ

アレキサンドライトレーザーで脱毛をするメリットとデメリット

アレキサンドライトレーザーは歴史があり、世界的なシェア数も一番多いですが、メリットだけでなくデメリットもそれぞれあります。

  • 脱毛と同時に肌質の改善が期待できる
  • 日本人の肌と相性がいい
  • 濃い毛へ効果的にアプローチできる
デメリット
  • 硬毛化や毛嚢炎になる可能性がある
  • 色素の薄い毛には効果が薄い

デメリットはありますが、内容を理解して対策をすれば、万が一のことが起きたとしても解決できる可能性があります。

紹介するデメリットは、アレキサンドライトレーザーでの脱毛に限ったことではないため、事前に確認しておきましょう。

クリニック選びでチェックすることや対策方法も紹介するため、脱毛をする前の参考にしてください。

メリット:脱毛と同時に肌質の改善が期待できる

アレキサンドライトレーザーは色素に反応することや、コラーゲン生成を促進させることから、肌のターンオーバーが進み脱毛と同時に肌質の改善が期待できます。

シミ取りやニキビ跡・小じわ・くすみといった治療をするレーザーフェイシャルにも同じレーザーが使われることがあります。

色素に反応して熱で色素を破壊するという方法は、脱毛の施術とレーザーフェイシャルで仕組みは同じです。

有名な脱毛機のジェントルレーズは、そばかすや毛穴の開き・しわの除去に使っているクリニックもあります。

ただし脱毛に使用する機械は脱毛用のため、シミやニキビ跡への作用はあくまで副次的効果と考えておきましょう。

メリット:日本人の肌と相性がいい

アレキサンドライトレーザーは、アメリカ在住の日系人が有色人種のために開発した波長のため、日本人の肌との相性がいいという特徴があります。

また日本だけでなく、世界的にも有色人種は多いため、シェア数が世界でも多いという理由は納得できるでしょう。

アレキサンドライトレーザーができるまでは、色素の少ない白人しかレーザーで脱毛ができませんでした。

しかし波長を短くして色素に過剰反応しないよう調節したことで、日本人のような肌に色素が多く繊細な肌にも、脱毛ができるようになりました。

皮膚表面の刺激を抑えつつ、毛根のみへ熱を与え脱毛ができます。

脱毛直前に日焼けをしていたり色黒でなければ脱毛ができることが多いため、肌への負担が気になるという人でも脱毛が可能です。

メリット:濃い毛へ効果的にアプローチができる

アレキサンドライトレーザーは色素への吸収が良いため、出力を上げる必要がなく効率的にアプローチができます。

  • メラニンへの吸収がいい
  • 熱エネルギーに変わりやすい

また濃い毛への照射は特に熱エネルギーに変わりやすいことも特徴です。

アレキサンドライトレーザーは今生えている毛の色素に作用するため、ダイオードレーザーに比べると効果が早く現れることも多いです。

約1~2週間ほどで、照射された箇所の毛が抜け落ちます。

そして肌の色素を吸収しないように冷却ガスを噴射し、肌へ伝わる熱を冷やしてくれます。

濃い毛への反応が良いため、しっかり脱毛がしたい人や、効果を早く感じたい人にはおすすめのレーザーです。

デメリット:硬毛化や毛嚢炎になる可能性がある

アレキサンドライトレーザーは日本人の肌質に合ったレーザーですが、人によって硬毛化や毛嚢炎になる可能性があります。

硬毛化と毛嚢炎
  • 硬毛化:産毛が硬く毛深くなる状態
  • 毛嚢炎:皮膚の傷から細菌が入り、炎症を起こした状

硬毛化になりやすい部位は背中やおしりなど、産毛の部位が多いです。

硬毛化の原因は解明されていませんが、レーザーで毛根が破壊されずに活性化してしまったことが原因と考えられています。

しかし硬毛化になる確率は世界にも低く、万が一硬毛化になった場合はクリニックに相談をすれば、状況に応じて無料で対応してくれる店舗も多いです。

アレキサンドライトレーザーに限らず、どの脱毛機を使用しても硬毛化や毛嚢炎になる可能性はあります。そのため不安を感じる人は、アフターケアがきちんとしているクリニックで脱毛をしましょう。日頃の肌ケアも重要です。

参照:多毛症 – 徳島県医師会Webサイト
参照:毛包炎(毛嚢炎)│ 第一三共ヘルスケア

デメリット:色素の薄い産毛には効果が薄い

アレキサンドライトレーザーは色素に反応して熱を発生させるため、色素の薄い産毛には効果が薄いです。

そして白髪は色素がないため、アレキサンドライトレーザーでは脱毛ができません。

  • 脱毛したい部位に適した脱毛機のあるクリニックを選ぶ
  • 複合タイプの脱毛機があるクリニックを選ぶ

そのため産毛から剛毛まで全身脱毛をしたい場合は、アレキサンドライトレーザー以外の脱毛機も取り扱いがあるクリニックを選ぶ必要があります。

またはアレキサンドライトレーザーと他のレーザーを同時照射できる複合タイプの脱毛機があるクリニックを探すこともおすすめです。

産毛への効果が薄いというデメリットはあるものの、事前に脱毛したい部位を決めたうえで、対応できるクリニックを探せば問題ないでしょう。

近年では全身脱毛をする人が増えているため、複数の脱毛機を取り扱っている店舗も増えています。

アレキサンドライトレーザーと他の脱毛機の特徴を比較

アレキサンドライトレーザーと他の脱毛機を比較すると、それぞれ特徴の違いがよくわかります。

アレキサンドライトレーザー ダイオードレーザー ヤグレーザー
脱毛方式 熱破壊式 蓄熱式/熱破壊式 熱破壊式
波長の長さ 755nm 808~940nm 1,064nm
特徴 ・色素に反応
・色黒やほくろには照射不可
・色黒や褐色肌でも脱毛可
※産毛に対応
波長が長く根深い毛に効果的
痛み 毛の濃い部位は感じやすい 少ない 剛毛は感じやすい
使用されることが多い部位※ 毛の濃い脇・足など 全身可 根太い毛がある脇・VIO・ヒゲなど

※クリニックによって使用する脱毛機は異なることがあります。

アレキサンドライトレーザーはヤグレーザーと同じ熱破壊式のレーザーで、瞬発的に高出力のレーザーを照射するため、痛みを感じることがあります。

しかし日本人の肌質に適しているため、広範囲に痛みの少ない脱毛ができるダイオードレーザーと合わせて導入している店舗が多いです。

アレキサンドライトレーザーに関するQ&A

副作用はある?

人によっては以下のような症状が出ることがあります。

  • 赤みや蕁麻疹といった炎症
  • 毛嚢炎
  • 火傷
  • 硬毛化

脱毛をする時に出力を調節したり、冷却をして肌トラブルが起きないよう対策をしてくれますが、レーザーが色素に強く反応してしまうこともあります。

また肌や体調の状態によっても症状が現れることがあります。

もしも脱毛後に肌の異常を感じた場合は、クリニックに相談をしましょう。

アレキサンドライトレーザーでシミ取りができる?

アレキサンドライトレーザーはシミ取りにも使われるレーザーのため、脱毛していたらシミが薄くなることはあります。

しかしシミには種類が複数あり、シミの種類によってはレーザーで照射ができないこともあります。

またシミ取りに使われるレーザーは脱毛で使われる機器とは異なることもあるため、シミ取りをしたい場合は別で施術を受けた方がよいでしょう。

どのくらい痛みがある?

冷却装置の効果で痛みを緩和しながら脱毛はできますが、色素の濃い部位ほど痛みは感じやすいです。

ゴムでパチンと弾かれた時のような痛みを感じることがあり、痛みはの強さはダイオードレーザーとヤグレーザーの間ぐらいです。

脱毛する前の注意点は?

アレキサンドライトレーザーで脱毛する前と脱毛期間中は、日焼けに注意をしてください。

その他には脱毛直前にメイクや日焼け止めを塗っている場合は、化粧品が残らないようクレンジングで綺麗に落としましょう。

化粧品が過剰にレーザーを吸収して、肌が火傷したり炎症を起こしてしまう可能性があります。

より効果を高める方法は?

自分でできる効果を高める方法は「保湿をする・体調管理をする」の2つです。

潤った肌はバリア機能が正常に保たれ、肌トラブルが起きにくくレーザーが浸透しやすくなります。

そして体調を整えておくと毛の生える周期(毛周期)も整いやすく、適切な間隔で脱毛がしやすくなるため試してみてください。

アレキサンドライトレーザーでの脱毛がおすすめな人

紹介した内容を踏まえ、アレキサンドライトレーザーでの脱毛がおすすめな人の特徴を以下の通りです。

アレキサンドライトレーザーがおすすめな人
  • 色素が濃い毛を脱毛したい人
  • 永久脱毛がしたい人
  • 実績のある脱毛機で脱毛したい人

アレキサンドライトレーザーは日本人の肌質や毛質に適した脱毛機のため、色素の濃い毛を脱毛したい場合にはおすすめのレーザーです。

永久脱毛の認可を受けている脱毛機も多いため、しっかりと脱毛したい人にもおすすめです。

初めて脱毛をする時は痛みや効果など、不安なこともたくさんあるかもしれません。

気になることはクリニックで相談をして満足できる脱毛方法を見つけましょう。